仏事にまつわる贈り物・たびもの撰華

お香典返し・法要引出物もがおすすめ

お香典返し・法要引出物も たびもの撰華 がおすすめ

おすすめする理由

軽くてかさばらない

参列者の方の持ち帰りやすさにも配慮した品として選ばれています。

全国どこでも送料無料

遠方の方へ直接お返しをお送りする際にも便利です。

3,600円~100,600円の7つの価格帯をご用意

いただいたお香典などの額に応じてお選びいただけます。

ご購入・カタログ一覧はこちら
ご購入・カタログ一覧はこちら

気軽に贈れます

地方や宗教によって贈らない方がよいものがあったり、しきたりも様々。カタログギフトなら気にせず、お品選びの手間がかかりません。

よく選ばれているコース

旅・体験・レストラン
約80ページ

グルメ・雑貨
約128ページ

3,600円

(システム料・ 税別)

購入はこちら
購入はこちら

旅・体験・レストラン
約80ページ

グルメ・雑貨
約128ページ

5,600円

(システム料・ 税別)

購入はこちら
購入はこちら

旅・体験・レストラン
約80ページ

グルメ・雑貨
約128ページ

10,600円

(システム料・ 税別)

購入はこちら
購入はこちら
 

撰華おばあちゃんの

法事に関する色々な豆知識

法事は色々な宗派によって様々なルールがあります。その中でも一般的なルールをご紹介します。

撰華おばあちゃんの

法事に関する色々な豆知識

法事は色々な宗派によって様々なルールがあります。その中でも一般的なルールをご紹介します。

のしについて

贈り物にはの、「水引」と熨斗の入ったのし紙をかけることが、今の一般的なギフト包装なのじゃ。「水引」とはの、贈り物などにつけられる飾り紐のことでの、目的に応じて結び方や色が異なるのじゃ。のし紙をかける際、適していない種類のものを選んでしまうと失礼に当たってしまうからのぉ、十分に注意するのじゃ。たびもの撰華ではのぉ仏事用包装紙や、のしを各種用意しておるからのぉ、注文の際に指定すればバッチリじゃ。

のしについて

用途 のし水引 のし上(表書き) のし下
香典返し(宗教問わず)
黄白結び切り
志(こころざし) 喪主家の姓
香典返し(仏式)
黄白結び切り
黒白結び切り
(蓮のし)

志(こころざし)
満中陰志(まんちゅういんし)

満中陰(まんちゅういん)
忌明志(きあけし)

※「満中陰志」「満中陰」は大阪以西、「忌明志」は京都で用いられることの多い表書きです。

法要引出物(宗教問わず)
黄白結び切り
志(こころざし) 施主家の姓
法要引出物(仏式)
黄白結び切り

粗供養(そくよう)
粗供養志(そくようこころざし)

※その他、初盆志、○回忌志、(故人の名前)○回忌志など法要に応じた表書きも可能です。

用途のし水引 のし上(表書き) のし下

香典返し(宗教問わず)

黄白結び切り

志(こころざし)



香典返し(仏式)

黄白結び切り

黒白結び切り
(蓮のし)

志(こころざし)
満中陰志(まんちゅういんし)

満中陰(まんちゅういん)
忌明志(きあけし)

※「忌明志」は京都、「満中陰志」「満中陰」は大阪以西、で用いられることの多い表書きです。

法要引出物(宗教問わず)

黄白結び切り

志(こころざし)



法要引出物(仏式)

黄白結び切り

粗供養(そくよう)
粗供養志(そくようこころざし)

※その他、初盆志、○回忌志、(故人の名前)○回忌志など法要に応じた表書きも可能です。

法事・法要の種類

法事・法要とはのぉ、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事じゃ。忌日法要は死後七日ごとに四十九日まで行うのじゃが、最近では遺族だけで供養し、僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようじゃな。
一般的には四十九日が忌明けとなっての、この日を過ぎると年忌法要となるのじゃ。

法事・法要の種類

  法要の名称 時期 法要の内容
忌日法要

初七日 (しょなのか)
(しょなぬか)

(亡くなった日を含めて)7日目

僧侶による読経のあと、一同で焼香、会食をします。最近では、遠方からの参列者を考慮して、告別式の当日に火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒に行なうことが多くなりました。

四十九日(しじゅうくにち)

七七日忌(しちしちにちき)
(なななぬか)

(亡くなった日を含めて)49日目

僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

※この日が忌明けとされ、本位牌を仏壇に納め、白木の位牌を菩提寺に納めます。

※最近ではこの日に納骨するケースが多いようです。

年忌法要

一周忌(いっしゅうき)

満1年目 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

三回忌(さんかいき)

満2年目 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。
  法要の名称
時期
法要の内容



初七日(しょなのか)
(しょなぬか)

(亡くなった日を含めて)7日目

僧侶による読経のあと、一同で焼香、会食をします。最近では、遠方からの参列者を考慮して、告別式の当日に火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒に行なうことが多くなりました。

四十九日(しじゅうくにち)

七七日忌(しちしちにちき)
(なななぬか)

(亡くなった日を含めて)49日目

僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

※この日が忌明けとされ、本位牌を仏壇に納め、白木の位牌を菩提寺に納めます。

※最近ではこの日に納骨するケースが多いようです。




一周忌(いっしゅうき)

満1年目

僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

三回忌(さんかいき)

満2年目

僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。

法事・法要を執り行う手順

手 順 詳 細

1. 日程を決める

  • ・百か日までの忌日法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
  • ・一周忌については満1年目に行いますが、それ以降の年忌法要については、年数マイナス1年で数えて行ないます。(例:三回忌は満2年目に行う)
  • ・平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般 的です。

2. 場所を決める

  • ・自宅、お寺、ホテルなど、どこで行なうのかを決めます。
  • ・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。

3. 会食の手配

  • ・必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。伊勢海老や鯛などのおめでたい献立は避けた方がよいので、予約の際には法事で利用する旨を告げましょう。

4. お寺への連絡

  • ・場所・日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。霊園、墓地などを利用している場合は、葬儀の際にお世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。

5. 案内状の手配

  • ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。
  • ・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。

6. 引出物の手配

  • ・遠方からも参列される場合、重いもの・かさばるものは避けたほうが良いでしょう。
  • ・食事の席を設けない場合には、料理の折詰めとお酒を用意し、引出物と一緒にお渡しします。
  • ・参列されなかった方から、お供えなどをいただいた場合にも、お返しをするようにします。本来は直接持参し、法事が滞りなく済んだことを報告するものですが、最近では送付する場合も多くあります。
かさばらないカタログギフト
たびもの選華は、法要引出物としても
選ばれています。
ご購入・カタログ一覧はこちら

7. お布施などを用意

  • ・僧侶へのお礼としてお布施などをご用意します。僧侶が法要のあとの食事に同席される場合には、御布施または御経料。僧侶が会食を辞退されたら、その2つの他に、御膳料を加えた3つをお渡しします。

1. 日程を決める

  • ・百か日までの忌日法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
  • ・一周忌については満1年目に行いますが、それ以降の年忌法要については、年数マイナス1年で数えて行ないます。(例:三回忌は満2年目に行う)
  • ・平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般 的です。

2. 場所を決める

  • ・自宅、お寺、ホテルなど、どこで行なうのかを決めます。
  • ・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。

3. 会食の手配

  • ・必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。伊勢海老や鯛などのおめでたい献立は避けた方がよいので、予約の際には法事で利用する旨を告げましょう。

4. お寺への連絡

  • ・場所・日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。霊園、墓地などを利用している場合は、葬儀の際にお世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。

5. 案内状の手配

  • ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。
  • ・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。

6. 引出物の手配

  • ・遠方からも参列される場合、重いもの・かさばるものは避けたほうが良いでしょう。
  • ・食事の席を設けない場合には、料理の折詰めとお酒を用意し、引出物と一緒にお渡しします。
  • ・参列されなかった方から、お供えなどをいただいた場合にも、お返しをするようにします。本来は直接持参し、法事が滞りなく済んだことを報告するものですが、最近では送付する場合も多くあります。
かさばらないカタログギフト
たびもの選華は、法要引出物としても
選ばれています。
ご購入・カタログ一覧はこちら

7. お布施などを用意

  • ・僧侶へのお礼としてお布施などをご用意します。僧侶が法要のあとの食事に同席される場合には、御布施または御経料。僧侶が会食を辞退されたら、その2つの他に、御膳料を加えた3つをお渡しします。
JTBえらべるギフト たびもの撰華 ラインナップ
  • JTBえらべるギフト
  • NEW

たびもの撰華 プレミアム 極

100,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 橘(旅・体験・レストラン)

50,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 柊(旅・体験・レストラン)

30,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 梓(旅・体験・レストラン)

20,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 橘(グルメ・雑貨)

50,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 柊(グルメ・雑貨)

30,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 梓(グルメ・雑貨)

20,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 橘

50,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 柊

30,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 梓

20,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 椿

10,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 楓

5,600円(税抜)

  • JTBえらべるギフト

たびもの撰華 桜

3,600円(税抜)

   

ご指定の条件に該当する商品はありませんでした
たびもの撰華

たびもの撰華

ご利用ガイドよくある質問

ページの上部に戻る